金銭感覚が狂う原因

風俗店で働いてしまうと、金銭感覚が著しく狂ってしまうという特徴があります。
キャバクラのような高収入のお仕事よりも、風俗店のお仕事の方が金銭感覚の点でいえば目立ってしまうのも現状です。
風俗嬢の金銭感覚が狂ってしまう原因というのは大きく分けて2つに分けられてきます。
一つは、やはりお給料がかなり高額だということが挙げられてきます。

風俗のお給料というのは高額だということは、誰でも知っている事実になります。
ほとんどの女の子は、キャバクラで働くよりも風俗店で働いた方が高いお給料を手にすることができます。
平均的な風俗嬢は1日働いて3万円~5万円ほど稼ぎます。
繁盛店で働いた場合であれば、6万円~8万円稼ぐことも可能になってきます。
出勤日数が月のお給料になりますので、100万円や200万円を稼ぐということは、お店さえ間違えなければ実現できてしまう職業でもあります。

もう一つは、毎日が給料日だということです。
たとえば、一回の買い物に5万円使うとなれば普通の稼ぎのお仕事をしていると高額の金額になってしまいます。
ですが風俗店で働けば、その5万円が一日で稼げてしまうのです。
要するに、毎日5万円相当のお金を使ったとしても、また次の日には5万円が稼げてしまうということなのです。

しかも、毎日日払いでお給料がもらえますので、金銭感覚を狂わない方が難しい話なのかもしれません。
お客様に奉仕している事を考えれば当然の対価ですが、、金銭感覚が狂ってしまうという視点からは毎日日払いということが一番のネックではないかと思われます。